0120-924-696 受付時間:8:00~24:00(年中無休)

お問い合わせ・お見積りはこちら

盗聴器や盗撮器の調査で実績がある探偵

盗聴器や盗撮器の調査は当社にご連絡ください

盗聴や盗撮被害の実態

盗聴や盗撮による被害は意外にも多く、一般の人が被害に遭っているケースが半数以上を占めています。
盗聴器が設置されている場所の上位は、自宅・ホテル・飲食店となっており、誰もが出入りする場所での被害が多い現状があります。盗聴や盗撮の目的は企業情報などを盗むためではなく、一般の方を監視したり歪んだ好奇心により行われている場合が多いことが分かります。
盗聴や盗撮被害が多くある原因として、盗聴器や盗撮器を規制する法律が無く、誰もが簡単に購入できることがあげられます。街の防犯用品店やインターネットなどで検索すると、多くの盗聴器が購入できることが分かると思います。
数年前までの盗聴器はアナログ電波を利用したものが大半で、特定の周波数を受信できるレシーバーがあれば簡単に見つけることができましたが、現在は盗聴器の種類や盗聴方法が多様になっています。
テレビなどで取り上げられているコンセント型などの盗聴器は、アナログ式の古いタイプの盗聴方法になります。
増加傾向にある方法としては、WiFi電波を利用したインターネット経由で行われる盗聴や盗撮になり、これらは電波を利用した従来の調査が事実上困難になります。またボイスレコーダーや小型の隠しカメラを使った盗聴や盗撮では、内部メモリに保存されるため電波を発しておらず、電波を利用した調査はそもそも行うことができません。
このような盗聴や盗撮機器の変化が、近年は急速に進んでいる現状があります。

盗聴や盗撮が犯罪に該当する行為

盗聴器や盗撮器の販売を規制する法律はありませんが、その使用方法や設置場所によっては犯罪となる場合があります。
防犯カメラやドライブレコーダなどは、相手の同意なく録画を行っていますが、正当な使用目的であれば犯罪として扱われることはありません。ただし、同じ機器を利用した場合であっても、使用目的や設置場所によっては犯罪になる可能性が有ります。
この犯罪になる可能性が有る条件を理解することで、盗聴器や盗撮器の発見時の対応を考える必要があります。

以下のような盗聴器の使用や設置は犯罪になる可能性が有ります。
・更衣室やトイレなど着衣を身に着けていない場所での盗撮
・自宅や会社などに無断で立ち入り機器を取り付ける行為
・盗聴や盗撮により得た情報を他人に漏らす行為
・盗聴や盗撮により得た情報をネットなどで公開する行為
・盗聴や盗撮により得た情報を基に当事者を脅したり恐怖心を与えた場合
・ストーカー規制法に触れる行為が有る場合

盗聴器や盗撮器を利用すること自体を犯罪として扱うことは難しい場合が多いと考えられますが、盗聴や盗撮によりえた情報に利用方法や機器の設置方法などを犯罪として扱える場合があります。
例えは自宅に盗聴器が設置されていた場合には、無断で自宅に立ち入ったことによる住居侵入罪に該当する可能性が有ります。また、元恋人や知人が設置した場合には、恋愛感情がある場合にはストーカー規制法の対象になる可能性が有ります。

当社の盗聴器や盗撮器調査の特徴

当社が行っている盗聴器の調査では、一般的な盗聴器で使われる周波数を大きく超えるレシーバーを使用しており、電波式盗聴器を高確率で発見します。増加傾向にある電波により発見できない盗聴器に関しては、目視による徹底した調査を行っております。
比較的発見が容易な電波式盗聴器だけでなく、その他の盗聴器の調査実績とノウハウが当社の強みでもあります。

調査により盗聴器が発見された場合には、総合探偵社の力を活かし設置者の特定や証拠収集などを行っています。盗聴被害はストーカーなどその他の犯罪に繋がる可能性もあるため、盗聴器の撤去のみでは解決したとは言えない場合も御座います。当社ではお客様の被害が完全に解決するまで、各種調査で対応させていただきます。

お客様のご希望に合わせ柔軟な解決策を提案

盗聴や盗撮による被害はお客様のプライバシーが侵されるだけでなく、ストーカーや空き巣を始めとするその他の犯罪に発展する可能性が考えられます。
これらの被害を防ぐには盗聴犯の特定は非常に重要になることはもちろん、盗聴器の特徴などから目的を推測する事も大切です。当社では盗聴器の調査だけでなく、様々なアドバイスをさせて頂いております。

当社では以下のような解決策をご提案しています。
・盗聴犯を特定し今後の被害解消を目指します
・ストーカーに発展しそうな場合にはストーカー対策を行う
・盗聴器の特徴や設置場所から目的を推測し各種アドバイスを提案
・第三者が入室している可能性が高い場合にはその対応
・その他の犯罪に繋がる可能性が有る場合にはアドバイスと対応

当社では盗聴器を発見することのみを目的にするのではなく、お客様が安心して生活が出来ることを目標に各種調査を行っております。盗聴器や盗撮器の調査だけでなく、その後の対応が出来る当社にご相談ください。

盗聴器や盗撮器調査に掛かる料金

当社の盗聴器や盗撮器調査に掛かる料金は、他社平均の約半額で対応が可能です。徹底したコストの削減と調査の効率化に取り組むことで、高い調査力と料金の安さを両立しています。
また、追加料金が極力かからない料金体系を取り入れており、不透明な料金は一切頂いておりません。ガラス張りの分かりやすい料金体系が多くのお客様から好評を頂いております。
当社では調査料金に関して絶対の自信を持っておりますので、下記に調査料金の一例を公開しております。お客様自身で当社の料金をご確認ください。他社との相見積もりも大歓迎です。

■ 盗聴器や盗撮器調査に掛かる料金の一例

盗聴器や盗撮器の調査料金は、調査場所の広さ(部屋の広さ)で決めさせて頂いております。
また、遠方の調査の場合には出張料金を別途頂いておりますのでご了承ください。

盗聴器および盗撮器の基本調査料金
1Kまでのアパート(基本料金) 30000円
2DKまでのアパート(基本料金) 40000円
4DKまでのアパート(基本料金) 45000円
4DKまでの一戸建て(基本料金) 50000円
調査場所により以下の出張料金が必要になります。
名古屋市内および愛知県中北部 無料
上記以外の愛知県内、岐阜県南部、三重県北部 2000円~5000円
その他 地域(東海地域を中心に全国対応) お電話・メールにてお問い合わせください。
旅館・ホテルなど客室数の多い調査では、上記料金より大幅に調査料金を抑えることが可能です。
別途お見積り

上記料金はあくまでも一例です。お客様に合ったプランを出来る限りご希望の予算内で対応させていただきます。
※複数日の調査を依頼いただいた場合には、調査期間が長くなるほど割引が大きくなります。

■ 上記の基本料金に含まれるものと含まれないもの

当探偵事務所の盗聴器および盗撮器調査料金には、下記の料金がすべて含まれます。
追加料金が無く分かりやすい料金体系を心がけています。
ご相談、お見積り 何度でも無制限で無料です。全て納得して頂いてからご契約をしてください。
アフターフォロー 依頼者の問題が完全に解決するまで責任をもって対応させていただきます。
器材使用料 通常の業務で必要な器材等は全て無料になります。
お見積り以外にかかる料金は以下になります。
消費税 消費税10%が別途必要になります。
振込手数料 お振込みでのお支払いの場合には、振込手数料はお客様負担になります。
当日現金でのお支払いの場合には不要になります。
(※カードでのお支払いはお受けできません。)

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせやお見積りは無料で行っております。お電話かメールにてお気軽にお問い合わせください。
盗聴器や盗撮器の調査のみではなく、総合的なアドバイスをさせて頂きます。可能な範囲で構いませんので、出来るだけ詳しい情報をお聞かせ頂きたいと思います。
盗聴器や盗撮器の調査に関しては、事前の打ち合わせは必要御座いませんので、お電話での受付のみで直ぐに調査を行うことが可能です。
盗聴器や盗撮器被害に関しましては、早い対応が今以上の被害を発生させないためにも大切です。お客様の安全のためにも一日でも早いご相談をお待ちしています。

▶ 調査のご依頼方法について
▶ お問い合わせ・お見積りについて

名古屋調査室ai探偵事務所

愛知県公安委員会届出業者
第54180038号

電話:0120-924-696

受付時間:8:00~24:00
年中無休(土日祝も営業)

INFORMATION